HOME > 事業紹介 > 医薬事業部 > クラウド型医薬品在庫管理システム(ODSS) > クラウド型医薬品在庫管理システム(ODSS)

クラウド型医薬品在庫管理システム(ODSS)

odss-bnr

odss-bnr

在庫をいかに効率的に回しているかは、「在庫回転月数」を見ます。
この期間が短いほど、少ない在庫で効率よく収益を上げていることになります。
卸などへの支払いを考えると、目標は1ヶ月以下です。

odss-img01

売上300万円の薬局から地域基幹病院まで対応したクラウド型在庫管理システム

odss-logo
4つの特徴

ODSSは、顧客目線で開発されたクラウド型在庫管理システムです。
他のシステムにはない魅力的な機能をご提供します。

odss-hacchuu
この薬、本当に今日必要かな?
odss-fudousan
期限切れやデッドストック、頭が痛い・・・
odss-mitsumori
これから毎年見積りかぁ・・・
odss-tanaoroshi
棚卸が面倒・・・

薬局の方はこちら

薬局向け 在庫管理システム「ODSS」

発注

発注の目安である発注点を1品目ごと設定する必要はありません

発注点は過去の処方データを基にODSSが自動計算(手動設定も可能)。
根拠のある発注点が日々更新されます。

来局予測発注で品切れ防止

ODSSは、いつ・誰に・何がどれだけ必要かを計算して発注できます。
長期処方の薬や一人使用の薬は、患者様が来局されるタイミングに合わせて発注できます。
結果として、寝かせ在庫を削減しつつ品切れ防止にもつながります。

不動品

定期的な不動品チェックでロスを削減

各卸業者から有効期限付きの納品データを受信することで、有効期限管理が可能。
指定日付から動きの無い薬品をピックアップし、不動品のロスを削減します。
また、グループ薬局では、他店舗の使用状況が確認できるので効率的に不動品を消化できます。

見積り

薬価の毎年改定に備えます

今後は、薬価の毎年改定が予想されます。
ODSSでは、各卸業者への見積入力シート(Excel)作成から、価格決定までかんたん操作。
最安値卸をODSSが自動決定することも可能。見積りの手間を大幅削減できます。

棚卸

棚卸をもっとかんたんに

手間のかかる棚卸も、ODSSはシステム在庫数と違っている薬品を修正するだけ。
紙とハンディターミナルによる棚卸を選択できます。
ハンディターミナルでスキャンをすればシステム在庫数が分かるので、その場で修正。
納入価ベースと薬価ベースの在庫金額が即座に分かります。
※調剤ミス防止システム「ミスゼロ子」との棚卸連携も可能です。

sips

ODSSはNSIPS対応のレセプトコンピュータと連携可能です。

NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。
NSIPSは社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)
※ODSSはNSIPSに対応しています。 →NSIPS®賛同メーカー・団体一覧はこちら

お問合せフォームへ

病院の方はこちら

病院向け 医薬品在庫管理システム「ODSS_HP」

インターネットに接続しているPC さえあれば、専用のアプリケーションをインストールすることなく楽々運用ができるクラウド型在庫管理システム・ODSS_HP。
在庫の適正化、デットストックの防止、ロット・有効期限管理等、様々な機能をお使いいただけます。

  • 医薬品の出庫は、レセプトコンピュータやオーダリングシステムとの連携や、バーコードを読み込むハンディターミナルを使った処理が可能です。
  • 発注は、発注点を割り込んだ薬剤を自動でピックアップ。発注データを自動作成します。
    また発注量も薬品個別に設定できます。
  • 卸から納品された医薬品は伝票ごと納品データとして受信することができ、入荷処理の負担軽減とロット番号管理や、有効期限管理に利用できます。
  • 在庫の管理単位は、錠・ml・本等の薬価単位と規格包装の箱単位で個別に設定でき、各病院様に合った在庫管理を実現します。

機能

在庫品発注機能 オンラインで発注。点割れリスト・個別追加も可能
入庫処理機能 納品データ受信による一括消込・個別入荷消込も可能
出庫・払い出し機能 ハンディターミナル・ハンディスキャナー対応
薬品マスタ 薬価収載時に自動追加
見積・契約業務処理機能 xlsデータの読み込み。最低価格抽出可能
ロット管理・有効期限管理機能 先入・先出による管理
不動品管理機能 任意の期日より払い出しのないものを抽出
棚卸処理機能 xlsデータ読み込み 及び ハンディターミナル利用可能
薬価改定処理機能 データサーバ側で期日一括更新

お問合せフォームへ

会営薬局の方はこちら

備蓄品公開システム

公開備蓄薬品の自動メンテナンス

備蓄薬品の公開をしている会営薬局様、メンテナンスに苦労されていませんか?
在庫管理システム(ODSS)と連動した備蓄薬公開システムは、ODSSで新規採用品の追加や採用中止などを行なえば、その情報がリアルタイムで備蓄品リストに更新されます。
会員薬局に公開「する」「しない」の設定や、販売単位の設定なども可能。単位薬価は自動更新されます。
在庫数を表示したネット小分け販売などもご相談ください。

実例

(社)長野県薬剤師会 会営薬局様
odss-img02

会員専用ページからログインすることで会員さんはいつでも備蓄品の内容を確認することができます。
備蓄品も「あいうえお順」または「文字検索」から探すことができるため目的の品目をすぐに見つけることができます。
また、在庫リスト一覧はExcel形式でダウンロードすることも可能です。
備蓄品はリアルタイムで更新されるため、事務作業の効率化等に活用いただいております。

odss-img03

お問合せフォームへ

ピックアップ