HOME > ニュースリリース > お知らせ > ㈱春陽堂薬房が鍋林グループに新たに加わりました

ニュースリリース

㈱春陽堂薬房が鍋林グループに新たに加わりました

2017年1月21日、㈱春陽堂薬房の全株式を取得しました。

㈱春陽堂薬房は1952年、富山地区の配置薬メーカーに医薬品原料を販売する会社として立ち上げられました。主には三共・藤沢薬品・第一製薬・田辺製薬の原薬を富山県を中心に奈良県、滋賀県まで販売をしていました。その後、鍋林㈱医薬原料事業部が富山県を重点拡大地域とした中で、両社が強い繋がりをもって営業活動を継続してきました。2013年より業務提携の検討を開始し、今回、鍋林㈱の子会社化の合意をしました。今後は鍋林グループの一員として、両者のコラボレーションを通して、医薬品添加剤の販売や医薬製造工場でのトータルニーズにお応えできる体制を構築していきます。

一覧へ戻る