HOME > 事業紹介 > ヘルスフーヅ事業部 > 現場の声

現場の声

お得意先にふさわしい調味料の開発を提案しています。

村山 大介

私のお得意先は、幅広い食品を加工するメーカーが中心。原料を迅速に納めることはもちろん、お得意先の会社にふさわしい調味料の開発を提案しています。

印象に残っているのは、新しい味のお煎餅を企画されていた米菓メーカーさんと一緒に、新しい味の開発をしたこと。試行錯誤を繰り返しながら、新商品が出来たことを思い出します。

私たちの仕事は、商社の強みともいえる社内外のネットワークを生かした情報収集や情報発信、そして当社の研究室との連携による開発です。新しい味が完成するまでは地道な作業が続きますが、新製品の完成に携われるというやりがいはありますね。(取材時:2016.4)

ヘルスフーヅ事業部
東京営業所Ⅰ課
村山 大介

プラスアルファの提案ができるよう研究を繰返しています。

齊藤 豪平

私の仕事は、営業担当者から聞いたお得意先の要望を形にすることで、味や風味を表現する調味料、食感の改良や長期保存など機能性を持たせたプラスアルファの提案ができるよう、研究を繰返しています。

試行錯誤して作り出した提案が採用された時はうれしいですね。自分が携わった味が店頭で発売になると、思わずいくつも買ってしまいます。(取材時:2016.4)

ヘルスフーヅ事業部
研究開発グループ 開発室
齋藤 豪平

信頼される製品づくりをしています。

柳 摩耶香

お得意先が毎日製造している製品を、常に安定した品質で提供するため、商品ごとの水分や塩分などを自社の検査項目に基づいて検査しています。

消費者向けの栄養成分表示が義務化されたことに伴い、業務用でも表示をはじめ、より信頼される製品づくりをしたいと思っています。(取材時:2016.4)

ヘルスフーヅ事業部
研究開発グループ 品質管理室
柳 摩耶香

ヘルスフーヅ事業部メニュー

ピックアップ