HOME > CSR > 環境への取組み

環境への取組み

近年、環境意識の高まりとともに、企業の環境活動への積極的な取組みが重要となっています。

企業活動にとって環境は存続のための最も根本的な「資源」となっています。

環境とは単に自然環境を指すだけでなく、私達を取巻く全ての関係性と言っていいでしょう。水や大気といった自然も、地域や隣人といった人間関係も全ては「環境」です。
そういった環境が整ってこそはじめて営利活動は成立つのです。

そうした基本的な認識に立った上で、当社は環境方針を掲げ環境活動に取組んでいます。

環境への取り組み

環境方針

理念

鍋林株式会社は 事業活動を通じて環境保全・社会貢献活動に取り組み、社会経済の発展と地球環境の保全を両立させた 持続可能な社会の実現を目指す。

方針

  1. 環境保全型事業を推進し、持続可能な循環型社会の構築に寄与する。
  2. 環境パフォーマンスを向上すべく、マネジメントシステムを構築し、継続的改善を行なう。
  3. 国内外の環境関連法規、及び当社の同意するその他の要求事項を順守する。
  4. 本環境方針に沿って環境目的及び目標を設定し、必要により見直しをする。
  5. 次の課題を環境目的とする。
    ① 環境貢献商品の拡大
    ② 環境負荷の抑制と管理
    ③ 地域環境保全への奉仕活動
  6. この環境方針は構成員に周知し、また利害関係者など一般へも公開する。

2018年5月1日
鍋林株式会社
代表取締役社長 島 宏幸

環境コミュニケーション

社会・環境報告書2018

当社の環境への取組み姿勢や、状況、また環境情報を「社会・環境報告書」として毎年発行しております。
一つでも多くのご意見をいただき今後の環境活動に役立てるべく、誰でもお読みいただけるようホームページ上でも公開しております。

「社会・環境報告書2018」をダウンロード (PDF)

CSRメニュー

ピックアップ