HOME > 個人情報保護方針及び特定個人情報保護方針

個人情報保護方針及び特定個人情報保護方針

鍋林株式会社は、会社の事業活動を通じて得た個人情報及び特定個人情報(個人番号をその内容に含む個人情報)の保護に努めることを社会的責務と認識し、以下の方針に基づき個人情報及び特定個人情報の保護に努めます。

  1.  個人情報及び特定個人情報の取得について
    適法かつ公正な手段によって、個人情報及び特定個人情報を取得いたします。。
  2.  個人情報及び特定個人情報の利用について
    (1)個人情報及び特定個人情報を取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な範囲において利用します。特定個人情報は本人の同意があったとしても法令で定める利用目的以外には利用いたしません。
    (2)個人情報及び特定個人情報を第三者との間で共同利用し、または個人情報の取得及び個人番号利用事務を第三者に委託する場合には、当該第三者に対し厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために適正な監督を行います。
  3.  個人情報及び特定個人情報の第三者提供について
    (1)個人情報は、法令に定める場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供いたしません。
    (2)(1)にかかわらず、本人が容易に知り得る状態にし、医療用医薬品等の適正な流通を主たる目的とし、薬事関連法規に基づく情報の収集・提供または、取り扱う製品に関する情報提供の為、保有する個人データを第三者へ提供する場合があります。
    (3)特定個人情報は、本人の事前同意があっても、法令で定める場合以外では第三者への提供はいたしません。また、違法に第三者に提供されていることが判明した場合は遅滞なく提供を停止いたします。
  4. 個人情報及び特定個人情報の管理について
    (1)個人情報及び特定個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理いたします。
    (2)個人情報及び特定個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏えいなどを防止するため、不正アクセス、コンピューターウイルス等に対する適正な情報セキュリティー対策を講じます。
    (3)個人情報及び特定個人情報を持ち出し、外部へ送信する等による漏えいをさせません。
  5.  個人情報及び特定個人情報の開示・訂正・利用停止について
    本人が自己の個人情報及び特定個人情報について、開示・訂正・利用停止等を求める権利を有していることを認識し、これらの要求がある場合には、適正かつ速やかに対応いたします。
  6. 組織・体制
    (1)チーフ・コンプライアンス・オフィサーを任命し、個人情報及び特定個人情報の適正な管理を実施いたします。
    (2)常勤役員および社員に対し、個人情報及び特定個人情報の保護および適正な管理方法について展開し、日常業務および退職後における個人情報及び特定個人情報の適正な取扱を徹底いたします。
  7. 個人情報及び特定個人情報管理規程および基準の策定・実施・維持・改善
    この方針を実行するため、「経営情報・個人情報及び特定個人情報管理規程」「手順」等を策定し、これを社員およびその関係者に周知徹底させて実施し、維持し、継続的に改善いたします。

2016年3月8日鍋林株式会社
代表取締役 島 宏幸

個人情報の取り扱いについて

鍋林株式会社(以下、弊社という)は、個人情報保護法及び関連諸法令を遵守し、提供された個人情報を適切に管理し、以下の通り取扱います。

個人情報の利用目的

弊社にご提供いただいた個人情報は、その全部または一部を、下記の各号に関連する国内・国外に於ける一切の事業、業務を目的として利用いたします。

  1. 弊社取扱商品の売買及び貿易
  2. 前号に関連する開発、設計、製造・加工、修理、機械器具設置工事、産業廃棄物収集運搬
  3. 各種情報の処理及び提供並びにコンピュータのハードウエア・ソフトウエアの売買
  4. 経理・一般事務、物流その他一切の業務の受託並びに経営指導
  5. 介護保険法に基づく居宅介護支援事業及び居宅サービス
  6. 建築・広告用装飾フィルムの作製・施工及びそれを用いた環境デザインの設計・制作
  7. 労働者派遣
  8. 金銭の貸付、不動産・動産の賃貸
  9. 弊社の株主の方々に対する全ての業務
  10. 弊社の採用に関わる全ての業務
  11. 弊社の従業員に関わる全ての業務

個人情報の第三者への提供の制限

  1.  個人情報の提供は、次に掲げる場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで、第三者提供を行うことを禁止します。
    (1) 法令に基づく場合。
    (2) 人の生命、身体または財産の保護に必要な場合であり、本人の同意を得るのが困難なとき。
    (3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進の為に特に必要な場合であり、本人の同意を得るのが困難なとき。
    (4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する場合で、本人の同意を得ることによって、当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるとき。
  2. 個人情報については、第1項にかかわらず個人情報保護法第23条第2項の定めに基づき、医療用医薬品等の適正な流通を主たる目的とし、薬事関連法規に基づく情報の収集・提供、または取り扱う製品に関する情報提供の為、保有する個人データを次に記載する第三者に対して提供する場合があります。
    (1) 提供先
    ・官公署
    ・当社が取引している医薬品製造業者、医療機器製造業者等。
    (2) 提供する保有個人データの項目
    ・氏名、年齢、生年月日、勤務先情報(名称・住所・連絡先)、電子メールアドレス、電話番号、診療科目、専門領域、所属部課、役職・職位、出身校、卒業年度、加入学会、その他医薬品の処方・研究に関する情報等。
    (3) 提供の手段または方法
    ・口頭、書面または電磁的方法。
    (4) 第三者提供の停止
    ・本人の求めがあれば、当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止します。
  3. 第2項に掲げる事項を変更する場合は、変更についてあらかじめ本人に通知するか、または本人が容易に知り得る状態にします。

個人情報の預託

弊社は、上記の利用目的を達成するために、個人情報を弊社の委託先に預託する場合がございます。その場合には、適切な委託先を選定するとともに、委 託先の義務と責任を契約により明確にする等、委託先において個人情報が安全に管理されるよう適切に監督いたします。

外部へのリンクにともなう個人情報の取り扱い

弊社が運営するウェブサイトは外部へのリンクを含んでいる場合があります。外部サイトにおける個人情報の取り扱いや管理状況、掲載内容に関して弊社は責任を負いません。直接リンク先サイトへお問い合わせください。

個人情報保護法第25条(開示)、同第26条(訂正等)、同第27条(利用停止等)に基づく請求手続きについて

個人情報保護法第25条(開示)、同第26条(訂正等)、同第27条(利用停止等)に基づく請求をされる場合は、請求申請書及び次の添付資料を下記担当者まで送付ください。送付資料が届き次第、社内で請求に係る個人情報について確認作業を行い、請求内容について検討いたします。申請結果についてはすみやかにご回答いたします。

添付資料

(1) 本人確認ができるもの(運転免許証、パスポート、戸籍謄本等) コピー ・・・ 1通
(2) 代理人が手続きする場合は、代理人の(1)資料 ・・・ 1通
(3) 代理権がある事を証明できるもの(委任状等) ・・・ 1通
また、請求に係る個人情報が特定できる資料があればあわせて添付してください。

〈資料送付先〉

〒390-8722 長野県松本市双葉8番10号 鍋林株式会社 総務グループ コンプライアンス室
※弊社へご送付される際には、紛失などのおそれがあるため、書留などの相当な手段によりご送付ください。
なお、ご送付に伴う送料は、ご請求される方の負担とさせていただきます。

■個人情報に関するお問合せは、電話、FAX、電子メールでも受付けております。
「個人情報に関する総合相談窓口」 担当 総務グループ コンプライアンス室
TEL:0263-27-6545
FAX:0263-27-0405
E-mail:m_kuruhara@nabelin.co.jp

個人情報保護法第25条(開示)、同第26条(訂正等)、同第27条(利用停止等)に基づく請求申請書

ご氏名
郵便番号
ご住所 都道府県

市区町村

丁目番地

メールアドレス
メールアドレス(確認)
連絡先 TEL:
FAX:
請求年月日
請求内容
請求に係わる
個人情報の内容

ピックアップ